旭堂南湖

プロジェクト ─2022

TITLE
旭堂南湖

旭堂南湖

講談師の旭堂南湖が盛岡市の歴史的景観地区である鉈屋町に滞在し、新作の講談のリサーチや発表などを行います。滞在期間中は市内のさまざまな場所でミニ講談や体験ワークショップなども開催予定。

AREA
盛岡市|鉈屋町界隈
ARTIST
旭堂南湖 Nanko Kyokudo(講談師)
旭堂南湖 Nanko Kyokudo(講談師)
滋賀県出身、なみはや講談協会所属。1999年に3代目旭堂南陵(無形文化財保持者)に入門。古典講談を継承しながら、日本各地の人物や伝説、民話を取材して、創作講談を披露する。近年は伝統芸能に新風を吹き込むため、市井の人々から聞いた怪談や不思議な話を、講談の語り口を用いて語るなど、新しいスタイルにも挑戦。学校を対象とした講談鑑賞公演やワークショップ、社会人を対象とした講談教室など、幅広く活動中。2003年大阪舞台芸術新人賞、2010年文化庁芸術祭新人賞、2021年滋賀県文化激励賞を受賞。著書『旭堂南湖講談全集』(レベル)、オーディオブック『講談 古典怪異譚 1~8巻』『講談 現代怪異譚 1~5巻』『こども講談 1~7巻』(パンローリング)
ARTIST
旭堂一海 Ikkai Kyokudo(講談師)
旭堂一海 Ikkai Kyokudo(講談師)
鳥取県出身、なみはや講談協会所属。1999年生まれ、2019年に旭堂南海に入門。新進気鋭の若手講談師。持ちネタを着実に増やして、講談師の先輩や講談ファンからも「期待の若手」と評判が高い。
滞在期間
2022年8月23日(火)~29日(月)、1月9日(月)~15日(日)
内容
地域交流と新作の講談のリサーチ・発表。
主催
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 アーツライブいわて実行委員会 NPO法人いわてアートサポートセンター 文化庁 統括団体によるアートキャラバン事業(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)『JAPAN LIVE YELL project』 アーツライブいわて2022
パートナー
もりおか町家物語館

滞在地域

盛岡市(鉈屋町界隈)

詳細は下記

イベント

EVENT

TITLE
講談師・旭堂南湖 ミニ公演in盛岡

講談師・旭堂南湖 ミニ公演in盛岡

盛岡の風情が残る街・鉈屋町でのアーティストインレジデンス事業(IWATE AIR/AIR)の一環として、滞在アーティストによるミニ公演会を開催します。今回、上方講談師・旭堂南湖と旭堂一海が、講談や怪談、各地をまわって集めた伝説や不思議話を披露。迫力ある話芸をぜひご堪能下さい。

日時
怪談会|2022年8月26日(金) 開場 17:00/開演 19:00(終演予定 20:00)
講談会|2022年8月27日(土) 開場 14:30/開演 15:00(終演予定 16:00)
会場
怪談会|そば処東家本店 ※仮店舗
講談会|三㐂亭(さんきてい)
マップ|そば処東家本店 ※仮店舗
マップ|三㐂亭(さんきてい)
入場料
怪談会|500円(1そば付き)
講談会|無料(投げ銭歓迎)
予約方法
予約専用メールフォームorお電話にて下記項目をご登録ください。
1.氏名 2.電話番号 3.ご希望の回 4.人数
※8月26日(金)怪談会の入場料は当日精算となります。
※いずれの回も定員に達し次第、受付を終了いたします。
メールフォーム|8月26日 怪談会
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=63f0f763002a30ca
メールフォーム|8月27日 講談会
(※定員に達したため受付を終了しました)
予約受付・お問い合わせ
もりおか町家物語館
〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町10-8
TEL 019-654-2911
https://machiya.iwate-arts.jp/
主催
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 アーツライブいわて実行委員会 特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター 文化庁 統括団体によるアートキャラバン事業(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)「JAPAN LIVE YELL project」 アーツライブいわて2022
協力
特定非営利活動法人盛岡まち並み塾、株式会社東屋

EVENT2

TITLE
創造的な地域活性化へのアプローチ ~アーティスト・イン・レジデンスの事例より~

創造的な地域活性化へのアプローチ ~アーティスト・イン・レジデンスの事例より~

この度、令和4年度文化芸術研修会を下記のとおり開催することとなりました。
岩手県内での多様な地域づくりや文化芸術環境づくりに取り組むみなさま、ぜひご参加ください。

近年、地域の文化施設・観光施設・宿泊施設、廃校などの遊休施設等を活用して芸術家の滞在を受け入れ、その芸術家による創作活動や地域との交流活動を通じて、地域の活性化等に繋げる取組として「アーティスト・イン・レジデンス(以下A.I.R.)」事業が注目を集め、コロナ禍においても、地域観光・地域ブランドのPR事業、移住定住促進事業、遊休施設のリノベーション事業として、全国各地の自治体やNPO等によって取り組まれています。

盛岡広域振興局においても、文化施設の集積や多様な文化芸術団体が活動している等の地域特性を踏まえ、文化施設や文化芸術団体等が行うA.I.R.などの取組を支援する旨、「いわて県民計画(2019~2028)地域振興プラン(県央広域振興圏)」(2019~2022)に掲げ、文化芸術コーディネーター(県央広域振興圏)との連携の下、取り組んできました。

本研修では、文化施設をはじめ市町の職員等を対象に、当該取組の先進事例やこれまでの当圏域の取組事例の紹介等を通じ、文化芸術活動の振興のみならず、地域づくりや地域の活性化をはじめ、地域が抱える課題解決に向けた活用法としての理解を深める機会とします。

日時
令和4年8月29日(月)10:00~12:00
場所
もりおか町家物語館 浜藤ホール
マップ
プログラム
(1)レクチャー
「創造的な地域活性化へのアプローチ〜アーティスト・イン・レジデンスの事例より〜」
講師:NPO法人いわてアートサポートセンター坂田雄平

(2)アーティストインタビュー
「盛岡市鉈屋町でのアーティスト・イン・レジデンスを通して」
講談師:旭堂南湖
聞き手:坂田雄平
対象
・県・市町職員(文化・観光・移住定住・ブランディング・地域づくり等)
・文化施設職員、県・市町芸術文化協会関係者等、その他、関心のある民間団体・文化関係者等
申込方法
お申込締切:8月19日(金)
下記のURLよりお申し込みください。
https://forms.gle/2qEdcTjj8XtrtEwM8
主催
盛岡広域振興局 NPO法人いわてアートサポートセンター
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
①37.5度以上の発熱、咳やのどの痛み、強い倦怠感などの症状がある方のご来場はお控えください。ご来場の際にはマスクを着用し、公演中もはずすことの無いようにお願いいたします。 ②客席は、舞台からの距離を確保し、客席数を制限しております。 ③空調設備を適切に稼働させ、必要に応じて扉を開放するなど、十分な換気を行います。 ④お花やプレゼント・差し入れはお断りしております。 ⑤チケット販売の際にお伺いした個人情報は当日の受付のほか、新型コロナウイルス感染者が発生した場合にのみ保健所等の公的機関へ提供することがありますのでご了承ください。

映像

インタビュー

レポート

  • NPO法人いわてアートサポートセンター(AIR/AIR担当)
  • 〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目15-7 盛岡南大通ビル3階
  • TEL:019-656-8145 FAX:019-656-8146
CONTACT