髙井賢太郎/棚原健太/町田倫士

プロジェクト ─2022

TITLE
髙井賢太郎/棚原健太/町田倫士

髙井賢太郎/棚原健太/町田倫士

琉球舞踊・組踊・三線・琉球箏・沖縄芝居など琉球の芸能の次代を担う髙井賢太郎、棚原健太、町田倫士が宮古市に滞在。多様な郷土芸能のリサーチや地域交流等を行います。

AREA
宮古市|郷土芸能界隈
ARTIST
髙井賢太郎 Kentaro Takai(琉球舞踊家・組踊 立方)
髙井賢太郎 Kentaro Takai(琉球舞踊家・組踊 立方)
神奈川県出身。玉城流敏風利美の会 所属(仲間若菜、安次嶺利美に師事)。日本体育大学 体育学部 武道学科 伝統芸能領域にて、伝統芸能を学ぶ中で琉球舞踊、組踊に出会う。沖縄県立芸術大学(修士課程)を修了。国立劇場おきなわの組踊養成研修では、人間国宝をはじめとする講師陣から組踊実技、琉球舞踊を学ぶ。現在は、国立劇場おきなわ主催公演はじめ県内外での舞台出演やワークショップや組踊の普及活動に取り組んでいる。その他、琉球芸能公演の自主制作活動にも取り組んでいる。第55回 琉球新報 琉球古典芸能コンクール 琉球舞踊部門 最高賞 受賞。
ARTIST
棚原健太 Kenta Tanahara(歌三線・組踊 地方)
棚原健太 Kenta Tanahara(歌三線・組踊 地方)
沖縄県出身。琉球古典音楽野村流保存会 所属(比嘉康春に師事)。19歳から本格的に三線を始める。沖縄県立芸術大学では、沖縄の伝統芸能や関連する芸能史等について学ぶ。のちに同大学院に進学。国立劇場おきなわ組踊養成研修では人間国宝をはじめとする講師陣から琉球古典音楽および組踊•琉球舞踊の地謡実技を学ぶ。現在は県内外の琉球芸能公演への出演ほか、WSやアウトリーチなどで組踊や琉球古典音楽の普及活動に取り組んでいる。2019年年度沖縄タイムス 伝統芸能選考会 三線の部 グランプリ 受賞。(一財)地域創造 公共ホール邦楽活性化事業 登録演奏家(令和4・5年度)。
ARTIST
町田倫士 Norito Machida(琉球筝・組踊 地方)
町田倫士 Norito Machida(琉球筝・組踊 地方)
沖縄県出身。琉球箏曲興陽会・琉球古典音楽湛水流保存会 所属(山内照子に師事)。幼少期からのエイサー好きが高じて伝統芸能の道へ。琉球大学 法文学部 国際言語学科琉球アジア文化専攻にて、琉球文学・中琉関係史について見識を深めたのち、沖縄県立芸術大学(修士課程)へ進学。国立劇場おきなわ組踊養成研修では、人間国宝をはじめとする講師陣から組踊•琉球舞踊の地謡実技や琉球箏曲を学ぶ。現在は、国立劇場おきなわ主催の企画公演のほか、紀尾井ホールでの公演など、県内外で舞台活動に取り組んでいる。第53回琉球新報 琉球古典芸能コンクール 箏曲部門 最高賞 受賞。
滞在期間
2023年2月10日(金)~24日(金)
内容
郷土芸能のリサーチや地域交流・発表。
主催
NPO法人いわてアートサポートセンター(宮古市民文化会館)
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

滞在地域

宮古市

詳細は下記

イベント

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
①37.5度以上の発熱、咳やのどの痛み、強い倦怠感などの症状がある方のご来場はお控えください。ご来場の際にはマスクを着用し、公演中もはずすことの無いようにお願いいたします。 ②客席は、舞台からの距離を確保し、客席数を制限しております。 ③空調設備を適切に稼働させ、必要に応じて扉を開放するなど、十分な換気を行います。 ④お花やプレゼント・差し入れはお断りしております。 ⑤チケット販売の際にお伺いした個人情報は当日の受付のほか、新型コロナウイルス感染者が発生した場合にのみ保健所等の公的機関へ提供することがありますのでご了承ください。

映像

インタビュー

レポート

  • NPO法人いわてアートサポートセンター(AIR/AIR担当)
  • 〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目15-7 盛岡南大通ビル3階
  • TEL:019-656-8145 FAX:019-656-8146
CONTACT